裏ビデオ

「最近では日本映画も世界的に通用するようになりました。」と多くの雑誌やメディアなどで耳にしますよね。完全に「送りびと」のカンヌ受賞で浮き足立っていますが、白黒の時代から日本映画は世界に通用する作品を数多く作り上げている事を忘れてしまっているのでしょうか?